2013年10月23日(水)兵庫二輪協会主催 岡山国際サーキット走行会 兵庫県神戸市兵庫区のバイクショップ プロショップキヨのブログです

0786860390

2013年10月23日(水)兵庫二輪協会主催 岡山国際サーキット走行会


毎度おなじみの岡山国際サーキット、途中から雨というあいにくの天候でしたが、それでも多数の方々にご参加いただき、楽しくそしてエキサイティングに走ってきました ^^


今回はいつものKawasaki401会ではなく、兵庫二輪協会主催のイベントですので、メーカー問わず気軽にご参加いただけます。とはいうものの、401会もメーカー問わずご参加いただけますので、イベントとしては大体同じようなカンジです。

401会主催分と合わせて、毎年5~6回程度の開催です。たまにオートバイを全開で走らせるには丁度いいイベントです。もちろんサーキットならではのスポーツ走行が存分に楽しめます。毎回ご参加のUちゃん、このところ地味に腕を磨きつつありますね^^

巷の雑誌なんかではライテク記事が相変わらず人気のようですが、バイクの場合は結局どれだけ乗ったかにかかってます。速くて上手なライダーは必ずそれなりの時間バイクに乗っています。逆にいえば、乗った時間の分は必ず上手になります。ちょこちょこ少しずつでもよいので、とにかく乗ることが大切ですね。この点はどんなスポーツでも同じかも。

ペースに合わせて走行クラスもわかれていますし、安全を確認していただきながらフリー走行可能ですので、みなさんそれぞれのペースで自由に走行できます。
公道では試せないスピードを、比較的安全に楽しむことができます。そうして感覚が磨かれていくと、今度は逆に公道のペースを余裕でこなせるようにもなります。

今回は雨で路面が濡れている状態でした。一般道で雨だと、混合交通のなかでかなり運転に気を使いますよね。安全への配慮だけで手一杯、タダの移動手段になります。ですがサーキットで雨の場合、これはこれで練習になります。より繊細な感覚でタイヤグリップに注意を払いつつ、丁寧なブレーキ/スロットル操作を行なえば、意外なほどにバイクの挙動を感じ取ることができます。

雨のなかでバイクにのっていて怖いことの一つはタイヤスリップによる転倒ですが、現代のバイク&タイヤならば、丁寧な操作を心がければそうそうスリップダウンはしません。感覚を研ぎ澄ましていれば「あ、そろそろすべりそうなカンジ?」と感じ取ることができる。。。かもしれません^^

ハンドルの手ごたえが軽くなって、なんとなくイヤなカンジがしたら、それはもう危険の兆候です。それ以上はやめましょう。場合によっては少しスリップすることもあるかもしれませんが、ホンの少しすべったくらいなら、いきなり転倒とはならないでしょう。でも「あ、今すべったけど、なんとか大丈夫だった」と思ったら、それ以上はやめましょう。
「滑ったけどダイジョブやったし、意外といけるやん。も少しいってみよかな」これは大間違いです(経験者談・笑)

丁寧な操作、繊細な感覚に加えて、やはりバランスよく乗ることが大事です。どこか余計な力が入った乗り方をしていると、万が一滑ったときにバイクが大きく振られます。手放しでも乗れるくらいハンドルに力がかからないのが理想ですが、そのためにはコーナー入口、途中、出口と、思ったよりしっかりカラダを動かしてバランスをとる必要があるかもしれません。でもこれって実はドライでも同じなんですよね。

一般道のツーリングでも雨が降ったり路面が悪かったりしますし、工事中でいきなりダートなんてこともあります。タイヤが減ってグリップが落ちてきたりもします。
雨のサーキットで繊細な運転を楽しんでおけば、そんな時でも余裕の運転ができるようになります。

今時のバイクはビギナーからエキスパートまで幅広く楽しめるほど完成度が高く、腕を磨かないといけないというものではありません。しかしいろんなバイクのそれぞれの特徴や個性を味わうためには、少し腕を磨くととても楽しめます。国産4発は個性が乏しいなんて言われることがありますが、CBとZRXの個性の違いはあり、楽しみのツボはビミョウに違います。ドカが国産とは違うというのは誰でもわかりますが、本当の個性を「味わう」には多少の腕が必要かも??
いや難しくありません。時々楽しくサーキットを走るだけでOKです^^

某広島のトライアンフのショップの方です。オレンジ/黒のツートーンがカッコイイ!スピードトリプルのダイレクトな操作感は、サーキットでも本領発揮!めちゃくちゃ楽しいバイクでしょう。

隠れ名車?タイガー800だってサーキットを走ります。こちらも広島のショップの方ですが、独特の色使いがかなりお茶目な印象です(笑)。その他にも魅力的なスポーツバイクが一杯です^^

みなさんわきあいあいとなごやかにお過ごしいただいてます。目が三角になってる人はごく一部を除いていらっしゃいません(笑)サーキットとはいってもレースではないですから、運転されるみなさんがそれぞれの楽しいペースで走っていただければOKなのです。

もちろん当店スタッフも同行し、いろいろとお手伝いさせていただいております。そしてスタッフも皆バイク好きばかり。サーキット走行を楽しんだり、いろんなバイクを眺めたりしております。同じバイク乗り同士、楽しく安全に走っていただけると、なによりウレシイです。

話題のKawasaki新型車・ZX-6R。サーキットにピッタリ似合うスーパースポーツです。一般道でも楽しく走れるバイクですが、やはり本領発揮するならばサーキットがいいですね。14年モデルもなかなかの人気ですよ^^

ご参加いただいたみなさま、お疲れサマでした&ありがとうございました。雨も悪くはないですけど、やはり次回は晴れることを祈りましょう。(笑)
次回もみなさま多数のご参加をお待ちしております。一緒に楽しみましょう!

PCサイトスマートフォンサイト