2012年11月15日(木)プロキヨ/トリックスター/モトハウス21/モトライズ 鈴鹿サーキットフルコース走行会 兵庫県神戸市兵庫区のバイクショップ プロショップキヨのブログです

0786860390

2012年11月15日(木)プロキヨ/トリックスター/モトハウス21/モトライズ 鈴鹿サーキットフルコース走行会


プロキヨのキヨさん、トリックスターの鶴田さんのコンビならではのレア企画、鈴鹿サーキットのフルコースの走行会です!今回も大勢のみなさまにお集まりいただきました。ライダー魂全開!サーキットって理屈抜きにウキウキしますよねw


プロキヨ、トリックスターとくればカワサキイメージが濃いですが、両ショップともカワサキだけじゃないんですよ。国内4メーカー始め、トライアンフやドゥカティなどのお客様も多数いらっしゃいます。2枚目の写真はなんとピカピカノーマルのH2!!!ですよ!


カワサキバイクマガジンや中部ローカルのバイクガイドなどのメディアの方々からも、注目していただいております。これからも楽しいイベントで、バイクで盛り上がりましょう♪


プロキヨのコンプリートマシン、PS-K Ninja250RとPS-K KSR110を、みなさまにご覧いただきました。雑誌やネットなどでおなじみですが、実物はやっぱり迫力満点です。


さすが鈴鹿、ピットも広くてキレイですねー。サーキット走行に限った訳ではありませんが、走行前のチェック&準備はとても大切です。余裕をもったタイムスケジュールで準備します。


あいにくの雨となりましたが、ウェットのサーキット走行も滅多にないチャンス!?ウェットのコツは、細心の集中と繊細な操作「4S]です!(今作りました:笑)ウェットでのスロットルコントロールをマスターすれば、ライディングスキルもワンランクアップです。


ふとゆううつになるのは、ピットから出る瞬間だけ。ピットロードに並べば、高まるワクワク感がすべてを上回ります。最初少しゆっくりに走っていればすぐに路面からグリップ感が伝わってきますから、それまでは慎重に。伝わるグリップ感に応じた走りかた、これもまたウェットの楽しみ方の一つです。


様々なバイクでご参加いただいてます。スポーツバイクが多数ですが、どんなバイクでもお楽しみいただけます。かつてキヨさんは「ノーマルのキヨさん」として名を馳せていましたが、どんなバイクでも運転する楽しみは共通ですし、特に最近のバイクは性能も非常に高いですからね。

H2も雨の鈴鹿を快走します!爆発的なトルクでじゃじゃ馬のようなイメージもあるドゥカティですが、一旦スロットルコントロールが身に付くと、逆にこのトルクのおかげで走りやすい。リアのトラクションが右手に直結します。

気合はいります。コケたくないですからね(笑)でもそれってホントは普段の運転と同じじゃないですか?ライダーとしてひとたびバイクにまたがったら、目一杯楽しくそして完璧に安全で。オトナのスポーツですからね!

もちろんカワサキ、トライアンフのカッコイイバイクも激走します。両メーカーに通じる点は、流れる血が濃いというところでしょうか?(笑)いろいろと理屈もあるのでしょうけれど、結局最後は乗って楽しくてナンボ!というあたりが、ライダーの気持ちにしっくりくるんですよホント。

先導ライダーに従ってコースインします。規則上追い越し禁止ですが、細かい少人数のクラス分けで、トッププロの先導車がレーシングラインでペース配分しますので、とても楽しくそして勉強になります。フリーで走るよりも上達が早い場合がありますよ。

われらがキヨさん、今回はトライアンフのなかでも特にバランスがいいことで人気のストリートトリプルRで走行しました。ちなみにツウのお客さまの多いプロキヨでも、ストリートトリプルは人気です。キヨさんいわく「えーなぁこのバイクは。楽しかったー」とのこと。
ウェットで良いバイクは、良いバイクなのです。

超豪華な先導ライダー陣。ピットロードでバイクにまたがった瞬間に、突然燃え上がるオーラが発せられる超人のみなさまです。でもジャンケン大会ではきさくで楽しいオッサン達(失礼)です。心温かい優しいみなさんですので、バイクのことならいつでもお尋ねくださいね。厳しい修羅場を潜り抜けてきたみなさんですが、それゆえライダーの安全に対する気持ちは人一倍なのです。

ご参加いただいたみなさま、お疲れサマでした&ありがとうございました。ジャンケン大会の多数の豪華商品当たりましたか?
もはやスポーツライダーの年3回の祭典として定着しつつあるこのイベント、バイクの楽しみの原点・ライディングを思い切り味わい、リフレッシュ!できます。
次回もみなさまのご参加をお待ちしております。一緒に楽しみましょう!

PCサイトスマートフォンサイト